3次元レーザ データ作成

NDDスキャンコンバータ


殆んどのソフトで海外製の変換エンジンが使用されていますがこのソフトは完全、日本製です。



ラスター DXF ベクトル変換ソフト

設計図面(建設、機械、設備 etc )、地図(等高線図)、医療画像etc

最大サイズ版はA0横2枚長尺まで処理可能です。

地図台帳を簡単に電子化してコスト削減しませんか!


A4サイズ版もA0サイズ版と同じ変換アルゴリズムを使用しています。

簡易版イメージ変換ソフトは別売しています

Convert Hand Drawing to CAD_vector_DATA

お試し変換サービス

既にお持ちの高額なラスベク変換ソフトから弊社のソフトへ変更されるケースが増えています。
それぞれのソフトで変換の品位が異なるからです!

「お試し変換サービス」を行っています。


過去の図面、データ処理に困っていませんか!                 

 ●設計図面の( トレース )( 再作図 )の無駄な時間を省かれませんか!    

 ●電力、電機、自動車メーカから個人経営の設計事務所様まで導入されています。


 ●デジタイザーでトレースしても手のブレで数mmの誤差が常にでています!  

 ●デジタイザーで2mm高のトレースは不可能です!               

 ●AI(人工知能判断処理)による自動処理!                 


 ●既存手書き図面、CADデータが無い図面から設計する  物理的スペック(長さ、面積、角度)が必要になる場合、非常に重宝します。

 ●また外部委託できない外部秘図面等のトレース作業を必要とする場合時間削減が可能です。

 ●長期に渡り過去図面を使用する必要がありCADデータで保存したい。

 ●現在使用中の変換ソフトでは原図と照らし合わせでの修正が頻繁で数字が確認できない場合は最適です。

 ●イメージデータとリンクされたCADデータでは他社とのデータ交換に支障がでる、リンクが外れて使えないと言った問題からの解消。


(日経、日経産業新聞記事)」
このソフトでは自社開発の四重ベクトル走査変換アルゴリズムを使用しています。

既に変換ソフトを使用されていて変換後、設計数値が読めない場合、このソフトがお勧めです。

ユーザサービスでA0オーバ長尺サイズのスキャンサービスをしています

A1,A0サイズスキャナーの設置場所が確保できない、使用頻度が少ない場合などご利用下さい。

VerUpを希望される場合は support-ndd@nippondd.com 迄ご連絡下さい



設計 積算 製作図 改修での無駄な時間を省きましょう!

過去手書図面 の 有効活用!

ベクトルデータ化でのメリット活用!


ドラフターで書いてCADデータも残しませんか!


地図・設計図を変換しDXFデータに!
精度と変換スピードにご注目ください!

難しい3mm高でのディティールの再現性と直線性を両立させました!





●1.8mm高手書き文字の変換(例)

(他変換ソフトと違い、文字が読めます!)

●設計図面では寸法値が読めなければ使用用途が限定されてしまいます。

(機械図面では上のレベルをクリアーする必要があります。)


●高密度の図面ほど得意とします。






●単純な等高線図の変換(例)




●高密度等高線図の変換(例)

人手では3ヶ月かかる変換例








複雑なRが有る製品カタログからCADデータを取得(例) 製品製作、施工図で使用






●青焼きの船舶設計図をCADに取り込む(例)









●機械図面をCADに取り込む(例)





●難しい変換ベンチテスト 変換後の打ち出し結果(例)

 簡易変換ソフトではまったく読めない状態に変換されてしまいます。





●く体図が薄く塗られた施工図の変換(例)





●シンボルマークが入った図面変換(例)

単純な線図への変換だけではなく塗りつぶし図形、シンボルなどAI処理で自動判断させます。

弊社販売の簡易版にはこの機能はついていません。






●電気設備図面を変換してNDD電気設備CADに取り込み
 電気設備材料の差し替え積算連動処理をさせた(応用例)
 設計が済んでいる図面への積算見積もり作業の連動処理
 各部材への歩掛、工数、単価が登録されているので素早
 い積算見積もりが可能となります。他の管設備でも使用
 線が瞬時に電線情報となりその単価、敷設歩掛け、敷設
 長さに展開できコンバータの有益な運用が可能になります




●埋設配管情報で地図をCADに取り込む(水道施設例)







●地図をCADへ取り込む





●アイソメイメージ図をCADに取り込む(例)



■ラスターリンクだとリンクが外れた場合、取り込みできないCADにデータ   

を渡す場合など不便です。データをベクトル一元化することで便利になります。


「(日経新聞記事)」

●等高線図をスキャナーで読み込みNDDScanCoverterとNDDCivilMasterから3次元造成計画モデル化(例)
土量計算、ボリューム計算、地質3次元モデル作成等展開できる。






●図面を変換してDXFを取り込んだ状態





製品概要
地図、設計図を線分、円、円弧へDXFデータ化

■ 紙でのアナログデータをDXFデータに 変換します。DXF形式はほぼすべてのCADシステムで取り込み可能です。
従来のデジタイザーでのトレース作業を自動化するものです。従来のシステムでは特殊なコンピュータを必要としましたが当システムでは、一般のパーソナルコンピュータで処理可能としています。

(日経、日経産業新聞記事)」
このソフトでは自社開発の四重ベクトル走査変換アルゴリズムを使用しています。
■このシステムでの画像データはTIFF(CALS G3,G4形式含む),BMP形式で保存できるスキャナーが使用できます。
各メーカよりA0からA4サイズまでいろいろ発売されています。またデータ形式はモトローラ、インテル 両形式データを処理しますので、マッキントッシュのデータ形式も処理が可能です。
■ スキャナーから取込まれたデータには、スキャナー物理誤差が生じています。CADへDXF取込み後、スケール補正して編集しなければ精度を出すことは出来ません。編集はあくまでも目的とするCADソフト側で編集してください。
■ イメージ編集については、使い慣れたソフトをお使いください。( 例.Paint PaintShopPro など)

■ 画像データの処理時に画像データを自動分析して2値化を最適化します。最少のシステムでは既存のパソコンにA4スキャナーをつけ稼動させることも可能です。 初心者の方でも気軽に使用できます。

■ 文字認識は現在サポートしていません。図面の中で文字サイズが途中から変わったり、傾いたりしますので、図面要素の円なのかゼロなのか、あるいは1なのか線なのかの判断がコンピュータではできないからです。無理矢理変換をかけると全ての要素チェックが必要となり現実的でありません。 データは全て文字だと限定されればパターンマッチで変換できるのですが!設計図面ではそうはいきません。

ユーザ様向けスキャンサービスの御案内




■ソフトウェア価格

型番

製品名

価格

NDD-01-02
NDDスキャン・コンバータ A0オーバ対応版


\590,000

NDD-01-03
NDDスキャン・コンバータ A1サイズ対応版


\490,000

NDD-01-04
NDDスキャン・コンバータ A3サイズ対応版


\298,000

NDD-01-05
NDDスキャン・コンバータ A4サイズ対応版


\138,000


* 5セット以上の導入は別途お見積もりいたします。
* リースでの販売も行っています。


● 現在迄の導入先

□ 電力会社  施設設計、管理、資産管理 etc,
□ 物流会社  搬入シミュレーションetc,
□ 建設コンサル、 ゼネコン、 設計事務所 建設、環境、防災 etc,
□ 重電機メーカ  プラントメーカ
□ 通信設備メーカ 中継基地、地図データ、設備図面
□ 機械メーカ   自動車メーカ   機械設計事務所
□ 建設資材メーカ 建築リフォーム会社
□ 官公庁
□ 市町村 水道局、道路台帳(地図の電子データ化)建設部 営繕
□ 市町村 固定資産税部門(地籍)(地図の電子データ化)
□ 電気設備会社、管設備会社 警備保障会社
□ 大学院研究室(工学、理学、医学、地質 etc)東京大、筑波大、九州大、東海大学..etc
□ 高等学校..etc

に導入実績があります。




日本デジタルデザイン株式会社
NIPPON DIGITAL DESIGN CO.,LTD
開発室


お問い合わせ、ご質問、注文等は :ndd@nippondd.com

バージョンアップなどのお問い合わせは :support-ndd@nippondd.com
プロテクターは従来のLPポートとUSBタイプがUSBタイプのみとなります、機種変更で以前のLPTからUSBタイプへ変更希望される場合上アドレスへご連絡ください。





お試し変換サービス

既にお持ちのラスベク変換ソフトから弊社のソフトへ変更されるケースが増えています。
それぞれのソフトで変換の品位が異なるからです!
「お試し変換サービス」を行っています。
下記までメールに添付して変換したいファイルをお送りください。
「NDD ScanConverter」にて変換後、DXFファイルをメールさせて頂きます。

注意事項
図面サイズ
A4 (他のサイズは別途ご相談ください)
ファイル種別
BMP TIFF G3 G4 LZW jpg 形式 256階調グレイスケール
白黒2値でもOKですが、出来るだけ256階調グレイスケールでお願いします。
グレースケールは白黒写真と同じものです。
解像度
300dpiで十分です
スキャンするときの解像度です。
圧縮
ファイルサイズが大きくなった場合
LHA or Zip にて圧縮してください。TIF-FAX形式の場合は CCITT規格の G4(2d)、G3(1d)、G3(2d)でお願いいたします。
出力タイプ
DXFファイルはアスキーかバイナリーを選択できますのでご指定ください。
送り先
ndd@nippondd.com
郵送の場合は下記連絡先までお送りください。




■お送りされるイメージデータが上の状態で2値(白か黒)データの場合

編集する必要がありますがクレースケールでは濃度差から自動修正可能に

なりますので、できるだけグレースケール(白〜灰〜黒)でお送り下さい。



■2値白黒イメージでは右まで修正して変換が必要です。グレーですと線のギザギザも抜けます。  


■鉛筆の粒子、滲みまで出ている図面は変換後トレースが必要です。それも時間が無い場合はラスター
 DXF変換して使用してください。


■変換したDXF取り込み後CAD内で距離を計って図面内数値と実数値で尺度校正してください。 
 スキャナーの機械的疲労で伸びたりする場合                         


■スキャンしたときのDPI値から正確に数値変換していますのでCAD打ち出しと原図は同じです。


■等高線図などでは図面の端に3角スケールで縦横に線を入れCAD内で計測して調整してください。
 最近のスキャナーは精度が良くなっていますので必要無いかといえますがイメージ処理が中心のも 






■原図が綺麗なほど変換品位はあがります。右はベクトル変換後の表示です。




■ベンチテストでのユーザ評価、導入後の評価(例



NDD DigiLAND

橋梁、ダム、レール、機械、輸送機、送電線、プラント、原子力...etc

<電波伝播、風力発電 計画、環境、シミュレーション サービス>


<レーザ3次元での3次元CAD、CAMデータ作成サービス>


10mDEM、衛星データからの地形モデル

海外の地形モデル作成(海外立地計画)リスクマネージメント


3次元レーザでのCAD,CAMデータ作成サービス案内 火力、原子力、化学、石油プラント設備 等の維持管理
送電鉄塔などの構造物維持管理
●建てや外壁モルタル剥離進行状況の把握

設計図がない構造物、構造体のデータ作成、自由局面も抽出します。
 例)レトロ自動車、飛行機、部品再生でのボデイ局面、部材メンバーのCAMデータ作成など
衝突実験での原型をとどめない破損物の3次元モデル作成(数値解析との検証比較)

●トンネル断面内空の変位状況の把握 
●災害時土石流の現状測定モデル作成
●擁壁の変位測定
●崖の崩落危険個所の3次元モデル作成
●法面コンクリートの厚さ測定、施工前後の覆工の厚さ
●ダムの工事進捗状況管理
●景観シュミレーションでの隣接構造物の3次元データ取得(建設予定の設計図は
あるが隣接構造物の設計図がないが景観シュミレーションで必要な場合)
災害現場の3次元データ保管
●豪雨後の法面の3次元変位測定管理
●遺跡、文化財の3次元モデル作成




NDDスキャンコンバータの一般的な F A Q

[共通] 各製品に共通の質問です。
○ NDD ScanConverterへの質問です。


[共通]必要な構成は?

下記のような構成が必要です。
・WindowsXP、Vista、7、8
メモリー・ディスクともに処理する図面のサイズ・複雑さによって変わります。
FAQ目次に戻る


NDDスキャン・コンバータの特徴は?

細部ディテールの再現性と長い線分の直線性を両立させる事は大変な事ですが、それを自社独自開発のアルゴリズムによって両立させています。
AI(人工知能)処理を加えて最適化をはかるようにしていますのでマニュアル設定項目がほとんどありません。
他社製品では、それを両立出来ないため編集機能を大幅に増やすか、トレースをする事を前提にしなければなりません。そのためパッケージに占める変換機能の部分が大変少なくなっています。
FAQ目次に戻る


A3 A4サイズのスキャナーしかおいていないがA2 A1サイズの処理は可能?

A1サイズのスキャナーしかおいていないがA0サイズの処理は可能?

目的とする図面より手持ちのスキャナーサイズが小さい場合は分割して読み込みイメージ処理ソフトで合成して変換
してCAD側で編集することで可能になります。手間がすこし増えますが変換頻度が少ない場合、小さなスキャナーで場所もとりません。
 間違っても縮小コピーしたものをスキャンしないで下さい、理由は下記に述べています。
FAQ目次に戻る


細線化処理って何?

図面をスキャナーで読み取る場合、一本の線でも設定した解像度(DPI)によって
幅を持って読み込まれます。たとえば100DPIで読み込んだ時は一本のラスター列でも200DPIで読み込んだ場合は、2本のラスター列になります。
この数本のラスター列から中心を通るラスターを検出して、他の不要と思われるラスターを取り除いていく作業が細線化処理です。
FAQ目次に戻る


ラスターベクタ変換処理とラスターDXF変換処理の違いは?

ラスターベクター処理(通称 RV変換)は、イメージ(画像)データをベクトル数値データへと変換しますが、一方ラスタDXF処理では、イメージをスキャンしたDPI値を基に数値データを点列として出力します。
FAQ目次に戻る


CAD上でラスターDXFとイメージ貼付けではどう違った扱いが出来るのですか?

イメージデータは、数値データではないのでリンク貼付けになり、ラスターイメージの合成での使用等できない。また、取扱が面倒になります。
またイメージデータの回転は(整数演算)しかできませんのでデータの桁落ちに近い粗いハンドリングしかできません。
FAQ目次に戻る


イメージの回転調整はできますか?

45度の傾きで書いた線をスキャナーで取り込むと参考図の様になります。これを90度毎の回転であればデータの取りこぼしは生じませんが、例えば1度・5度・10度等の回転をかけるとデータの歯抜けが生じてしまいます。結果として変換品位が保てません。そのため、NDDスキャン・コンバータではイメージの回転調整をさせず、CADに取り込んだ後ソフト側で回転調整して頂いています。
イメージ処理(整数演算)は強制的に整数にあてはめます。変換した後CAD側(実数演算)で,実数変換演算をさせないと精度は落ちてしまいます。
普通の写真などを回転させても判らないのですが実際はボカシをいれて調整しています、人間の視覚はシビアではないので綺麗に回転したようにみえます。90度ごとの回転は正確ですが!
端的にイメージすると碁盤の目に碁石を並べて30度の線を描きなさい、あるいは円を描きなさいと言う事です。しかしCADの中の計算では関数計算により正確に座標計算したデータを
もたせてテレビ上に表示するときにそれらしく表現するため碁盤の目に点列を並べています。円の点列への展開はちょっと演算に時間がかかりますのでCADによっては表示ファクターで
パラメータが変えられ見た目の綺麗さか表示スピードを選ぶかの選択ができるものがあります(AUTO-CADなど)円が綺麗にTVに表示されていなくてもCAD内のデータは正確に中心点座標
直径あるいは半径のデータを持っています。
FAQ目次に戻る


変換後(DXFデータ)の編集はどこで処理しますか?

実際に使用されているCADで編集して頂くのを基本としています。

ほとんどのCADソフトでDXF取り込が可能です。( JWからAutoCAD迄、AutoCADにはバイナリーDXFで渡せます。)渡した後に使用されているCADで編集してください。
FAQ目次に戻る


他社RV変換ソフトからの移行するユーザが多いのはなぜ?

1.変換データの品位が良い、2mm高の手書き文字が読める品位で変換される。

1.機械図面で要求される公差寸法の1.8mm高の文字が確認できる(サンプル変換例参照)

「NDDスキャン・コンバータ」は数値解析をかける基本データを作り出すために開発されており、他社の様なトレース的使用ではなく、出来るだけ精密にかつエラー・データ(変換ミス)を出さない様に作られております。

2.導入コストが安い。

初心者でも操作が簡単。

「NDDスキャン・コンバータ」は既存のパソコン・スキャナー等がそのまま流用できる。
特にスキャナーについては、Tiff・BMPファイルに出力できる物であれば使用する事ができます。


3.操作がやさしい。

他社ソフトは「コンピュータ・ソフト」の位置付けで開発され、不必要にメニュー・オプション等を多くし、操作を複雑にして実際作業される方の負担を多くしています。このソフトではそこを独自のAIアルゴリズムで処理しています。

「NDDスキャン・コンバータ」は「現場作業者の道具」の位置付けで開発されており、操作方法が現場作業者にやさしく、シンプルになっています。
そのため、特別な教育も必要なく、作業される方の負担も小さくてすみます。

4.変換スピードが速い。

自社独自開発の変換アルゴリズムが高速な変換スピードを実現しております。また、いたる所でAI処理をかけて単純な変換では無理な部分を図形判断させながら処理させています。


●他社ソフトとの2mm高文字 変換比較(例)このソフトでは円弧変換で

すら厳しい結果ですが、カタログにはベジェ曲線も変換と書かれています。                   


実際業務で使用する時、その変換時間も重要な要素となりますが、過去の製品は高価なUNIXワークステーションが必要だったり、変換時間を無視したような製品がほとんどでした。

FAQ目次に戻る



ラスターからベクターへ変換した時のサイズはどうなりますか?

イメージデータは全ての画素をデータに持ちますから大きなデータになりスキャンしたサイズが大きい程データ量も
極端に大きくなります。ベクターデータに変換すれば要素数になります。A4サイズで線が4本とA0サイズの用紙に線
が4本とした場合にファイルサイズは同じ2Kバイト程度になりますが白黒のA4サイズラスターでは約1,063KBグレース
ケールでは8,497KB、A0サイズの白黒でも136,172KBになりCCITT G4圧縮でも1/10になってしまいます。
FAQ目次に戻る



現在他社の変換ソフトを使用していますがCADにとりこんでデータを削除しても消えません?

CADへ変換したDXFデータを取り込み、線を削除したのですが消去できません、消えないとすれば実際は削除されているのですが
同じ要素データが多重化されています。数回、削除を繰り返すと消えると思います。このようなソフトの場合は極端にデータ
量が増えています。何個多重化するか前もってわかればCAD側で削除するときその回数を連続クリックするしかありません。
官公庁への納品後に先方からの指摘でわかったとのことですが、初心者が作成したプログラムとしか言えません。
FAQ目次に戻る


縮小コピーをスキャンして変換したら変換品位はどうなりますか?

まず縮小する段階でソフト的にデータを間引きする演算をしますので品位が落とされます、よってソフト間引きよりスキャン
する時のdpi値を下げたほうがまだ物理的な処理なのでよろしいです、すなわち原図でのスキャンをかけなければいけない
ということです。端的にいえばデジタルカメラのサイズを半分にしてしまい次に倍の大きさに拡大した場合原データに戻る
かと言うと失われたデータは回復不可能だと言うことです。よって縮小したイメージのスキャンdpi値を上げても無駄になります。
またデジタルカメラのデジタルズームとズームレンズでのズームでは品位が違うのと同じことで物理的なレンズの品位高いのは
当然のことです。
デジタル拡大(ソフト処理)では無いデータ部分を補完するわけですがあくまで人間の目をごまかす処理をかけるわけです
ベクトル変換では1:1のイメージデータ状態を確認しなければいけません。よって拡大、縮小表示状態の編集はノーグットです。
FAQ目次に戻る


スキャンしたイメージはどの形式で保存するのがいいですか?

 スキャンしたデータは全て同じメモリーサイズを必要とします。しかしデータとして保存するときに圧縮をかけることで
ファイルサイズを小さくすることができます。高圧縮率の形式には非可逆性圧縮というものがあります。代表的な形式では
JPG形式などがあります、これは元データに戻すことが不可能な圧縮形式で再度ファイルを開き編集してJPG形式で保存する度
に元データからかけ離れで品位が悪くなります。人間の目はシビアーではありませんのでわかりません。
JPGのデジタルカメラの写真を拡大していくと四角いブロック状のイメージが現れてブロック同士の繋がりが不自然なのが確認
できます。これは高圧縮率にするため人間の目では識別しずらい要素で処理するからです。
画像処理では可逆性圧縮で処理することが望ましく、TIF(ノーマル)厳密にはTIF形式は殆んどすべての画像形式を持っていますが
一般的なTIF、BMPなどです。
つぎに、いかに圧縮されたデータでもパソコンに取り込まれた段階で同じデータサイズに戻して処理をかけますので負荷は
画像サイズとDPI値か縦横のドット数できまります。よってA0サイズのデータは非常に大きなメモリー空間を必要とします。
NDDスキャンコンバータは特殊な処理でA0サイズオーバも変換します。
FAQ目次に戻る


変換したDXFデータを工作機械へ渡せますか?

 基本的にこのソフトは原図の設計図面と同じく読めるレベルで変換することを目的とします。
よって原図の大きさ以上で拡大使用すると当然、誤差もその拡大率で増加します。CAD上で拡大表示すると誤差が大きくでているように
見えますが1:1でのプロットアウトではほぼ問題ない品位を出すことが可能です。
スキャンしたデータのシャーペンの線幅が0.3mmだとしたらセンター誤差は0.03mm程度に収まりますが100倍したら3mmになります。
逆に原寸図で誤差は0.0*でもOKな部材取りであれば問題ないということです。
CAD上では円のデータは中心座標X、Y、半径の3つの数値で表示しますが打ち出し図面では円周に線幅がついています。
次にベクトルでは無い塗りつぶされた図形はベクトルではありませんので図形エレメントとして処理します。
基本的に線のデータは始点、終点座標しかないのですが図面上では幅が存在します。逆に幅がなければ人間の目には見えませんが!
人間が図面を見るときには文字が潰れていても輪郭、文字列の並び、専門分野の文字列などから知能により自動判断をして図面を
読んでいます。ところがコンピュータではそれがなかなか難しいといえます。まして各分野の設計図面を読めるとしたらすごいこと
になります。このソフトでもAI(人工知能処理)をかけていますが難しいものがあります。
図面上では綺麗な線もスキャンしたイメージを一部拡大されたら判りますがぎざぎざがあります。よって誤差もでる訳です!
 ではぜんぜん使えないかと言いますと板取などのネスティングでは当然使用可能です。
このソフトではベクトルでは無いマーク、シンボル、塗りつぶし図形も処理します。
ベクトル図形だけであれば必要ありませんが地図、その他、用途によってその処理が必要になるからです。
たとえば図面に商業地図をあるいは部品アイソメなどをDXFデータとして取り込むこともできます。
FAQ目次に戻る


NDD土木景観地質CADで等高線図から3次元モデルの作成ではこのソフトでないといけませんか?

 等高線図のラインが変換により、ぶつ切れの状態で変換されると3次元化で非常に無駄な時間を要します!
このソフトはそれを抑える目的で自社開発しています。そのことで3次元モデルの作成がスムーズとなっています。
FAQ目次に戻る



NDDスキャンコンバータは変換をかけるときパラメータ設定がほとんど無いのはなぜですか?

 NDDスキャンコンバータはほかのソフトと違いパラメータの設定がほとんどありません。昔のカメラはマニュアル式
でどちらかの条件をみたすには片方の条件が犠牲にならざるおえませんでしたこれを処理するには単純な方法ではなく
人工知能(AI処理)をかけていかなければ処理が難しくそれ故にパラメータ設定が無くパラメータは自動的に条件で
変換中に変わっていっています。
FAQ目次に戻る



ラスターDXFの選択で変換するとイメージと同じ使い方ができますがその他のメリットはなんですか?

 ラスターDXF変換しますとイメージと同じになります、しかしこのデータはDXFデータですからCADと同じデータです、よって
CADのなかでスナップを使用できますし実数演算が可能です。次に品位が非常に悪いデータを必要な部分トレースする場合に
正確にトレースが可能になり、イメージ貼り付けではこういった処理が不可能です。
FAQ目次に戻る



○ ソフトを購入した場合と外部に委託された場合のコスト比較

 ラスターをベクトル変換した場合A0、A1サイズで1枚あたり\13,000〜18,000位費用が発生します。
 次に変換された品位はそのサービス会社で使用されている変換ソフトで決定されます、変換ソフトの品位はさまざまです。
 A3サイズの変換では\6,000〜位です、かりにスキャナーを導入せずに弊社のスキャンサービスを使えば40枚から50枚
 の変換を外部へ依頼されていたら投資コストの回収が可能です。外注されて戻ってきたデータの品位と弊社の品位を比較して
 みてください。
FAQ目次に戻る



○ 自治体での各台帳地図の電子化を安価に抑えたいのですが!

 GISシステムへの移行などでは各地図台帳の電子化の部分で一番コストがかかってきます。
 このコンバータを使用すれば品位が高いデータを電子化することが可能です。DXFから他のデータ形式へもスムーズに変換可能です。
 またGISまでいかずとも台帳の電子化を計っておれば将来配布されると思われる共通GISソフトへの持込もスムーズになると
 いえます。GISエンジンソフトはいつでも他のソフトへ変更可能にするために作成したデータは公開性があるデータで持たせる必要
 があるといえます。
FAQ目次に戻る




○ SOHOでラスベク変換の仕事をしたいのですが!

 一番ニーズがあるのはA3版とA2版かと思います。
 SOHOとのことですので導入コストを下げるためにA3のスキャナーを導入され始められたら良いかと思います。
 A2サイズはA3サイズで分割変換されCADで合成されてはいかがでしょうか!初期投資分を回収された段階でA1
 スキャナーを導入されたら宜しいかと思います。スキャナーもリースバック品でしたら最初から導入されたら
 良いかとおもいます。
FAQ目次に戻る












ndd@nippondd.com 


注)商用で弊社の変換結果だけをラスベク変換例としてイメージリンクされているケースがありますが
必ず(NDDスキャンコンバータでの変換結果)をご明記下さい。